Share
 
Comments

India completed vaccination of 100 crore doses on October 21 in about nine months since starting vaccination. The journey from anxiety in early 2020 to assurance has happened, and India has emerged stronger, thanks to the world's largest vaccination drive.

It has been a truly Herculean, bhagirath effort involving multiple sections of society. For any effort to attain and sustain speed and scale, trust of all stakeholders is crucial. One reason for a successful campaign was the trust that people developed in the vaccine and the process followed, despite various efforts to create mistrust and panic. There are some who only trust foreign brands. However, when it came to something as crucial as the Covid-19 vaccine, Indians unanimously trusted

'Made in India' vaccines. This is a significant paradigm shift.

All for One, and One for All

India's vaccine drive is an example of what India can achieve if the citizens and the government come together with a common goal in the spirit of people's participation, or jan bhagidari. Initially, many doubted the capabilities of 130 crore Indians. Some said India would take 3-4 years, while others doubted people coming forward to get vaccinated. There were those who said there will be gross mismanagement and chaos, while others doubted India's ability to manage supply chains.But just like the 2020 national lockdown - janta curfew - and subsequent lockdowns, the people showed how spectacular the results can be if made trusted partners.

When everyone takes ownership, nothing is impossible. There was a lot of pressure from different interest groups to give preferential treatment to them in vaccination. But GoI ensured that there is no VIP culture in the vaccination drive.

In early 2020, it was clear to us that this pandemic will have to be eventually fought with the help of vaccines. We started preparing early. We constituted expert groups and started preparing a roadmap right from April 2020. Till today, only a handful of countries have developed their own vaccines. More than 180 countries are dependent on an extremely limited pool of producers, and dozens of nations are still waiting for the supply of vaccines.

Imagine if India did not have its own vaccine. How would India have secured enough vaccines for such a large population? How many years would that have taken? It is here that credit should be given to Indian scientists and entrepreneurs for rising to the occasion. It is due to their talent and hard work that India is truly aatmanirbhar when it comes to vaccines. Our vaccine manufacturers, by scaling up to meet the demands of such a large population, have shown that they are second to none.

GoI has been an accelerator and enabler of progress. It partnered with vaccine-makers right from day one, and gave them support in the form of institutional assistance, scientific research, funding, as well as accelerated regulatory processes. All ministries came together to facilitate and remove any bottlenecks as a result of the 'whole of government' approach.

In a country of the scale of India, it is not enough to just produce. Focus has to be on last-mile delivery and seamless logistics. To understand the challenges involved, imagine the journey taken by one vial of vaccines. From a plant in Pune or Hyderabad, the vial is sent to a hub in any of the states, from where it is transported to the district hub. From there, it reaches a vaccination centre. This entails the deployment of thousands of trips taken by flights and trains. During this entire journey, the temperature has to be maintained in a particular range that is centrally monitored.

We are the Nation

For this, over 1 lakh cold-chain equipments were utilised. States were given advance notice of the delivery schedule of the vaccines so that they could plan their drives better and vaccines reached them on the pre-decided days. This has been an unprecedented effort in the history of independent India.

All these efforts were complemented by a robust tech platform in CoWIN. It ensured that the vaccine drive was equitable, scalable, trackable and transparent. This ensured that there was no scope for favouritism or jumping the queue. It also ensured that a poor worker could take first dose in his village and the second dose of the same vaccine in the city where he works, after the required time interval. In addition to a real-time dashboard to boost transparency, the QR (quick response)-coded certificates ensured verifiability. There are hardly any examples of such efforts not only in India but also the world.

In my 2015 Independence Day address, I had said that our country is moving ahead because of 'Team India', and this 'Team India' is a big team of our 130 crore people. People's participation is the biggest strength of democracy. If we run the country through the participation of 130 crore Indians, our country will be moving ahead 130 crore steps every moment. Our vaccination drive has yet again showed the power of this 'Team India'. India's success in its vaccination drive has also demonstrated to the whole world that 'democracy can deliver'.

The success achieved in the world's largest vaccination drive should further spur our youth, our innovators and all levels of government to set new benchmarks of public service delivery that will be a model not only for our country, but also for the world.

Share your ideas and suggestions for 'Mann Ki Baat' now!
Explore More
Today's India is an aspirational society: PM Modi on Independence Day

Popular Speeches

Today's India is an aspirational society: PM Modi on Independence Day
India's support to poor during Covid-19 remarkable, says WB President

Media Coverage

India's support to poor during Covid-19 remarkable, says WB President
...

Nm on the go

Always be the first to hear from the PM. Get the App Now!
...
My Friend, Abe San (Japanese)
July 09, 2022
Share
 
Comments

傑出した日本の指導者、比較なしのグローバル政治家、そしてインド日本友好関係の偉大なチャンピオンである安倍晋三氏がもう我々の中にはいなくなってしまいました。日本そして世界が偉いビジョナリーを失い、私は親愛なる友人を失いました。

はじめて安倍氏にお会いしたのは2007年に、私がグジュラート州首相として日本を訪問した時でした。最初の出会いから我々の友情が公職の印又公的な外交儀礼の束縛を超えとものとなりました。

お供した東寺へのご参拝、新幹線での旅、アヘメダバードでのサーバルマティ・アシュラムへの訪問、バラナシ(カシー)でのガンガ・アルティ、東京での茶道経験、思い出のリストは本当に長い。

 

 

 そして、富士山の山麓の丘に囲まれた山梨でのご実家へ唯一の首脳来客としての光栄、いつまでも大切にしていきたいと思います

日本の総理をやっていない2007年から2012年の間、そして最近は2020年以来、我々の個人的な絆はいつも通り強いまま続きました。

安倍総理との話し合いの中では全てが知的刺激のある物でした。いつも新鮮なアイデアに満ち、ガバナンス、経済、文化、外交政策その他様々な課題に関して貴重な見解をお持ちでした。

安倍氏のご助言はグジュラート州での私の経済選択肢に対してひらめきを与えました。そして安倍元総理の支持はグジュラート州でのヴァイブラント・パートナーシップの構築に大きな助けになりました。

それ以降、インドと日本の間で戦略的パートナーシップの前例のない変換を行うためご一緒にお仕事したことは光栄でありました。概ね狭い二カ国間経済関係から、全ての分野に渡る幅広い・包括的な関係の構築に対して支持し、それだけではなく印日関係は二カ国そして地域の安全保障のための中心的なものとなりました。安倍氏にとって、印日関係は我々二カ国そして世界の人々のためのもっとも重要なものでした。安倍氏は日本にとってもっとも難しいテーマであった民生用原子力協力を進めることに関して決定的でした。そして、インドでの高速鉄道プロジェクトのもっとも寛大な条件をオファーしました。インドの独立後の多くの重要な出来事に倍元総理は新生インドが成長を加速させるとき、日本が手を携えていることを保証してくれました。

安倍氏の印日関係への貢献は2021年にインドの栄誉あるパドマ・ビブション賞を授与されたことに素晴らしく認められました。

安倍氏は世界の中でおきている複雑で複数な変換に関して深い見識を持ち、政治、社会、経済そして国際関係にどのような影響を与えるかの先見の目があって、複数の選択肢の中から選ぶ知恵・伝統又は前例がある場合でも大胆な決断を行う勇気があり、そしてまれにしかない人々又世界の支持が得られていた人物でありました。安倍氏の広範なアベノミックス政策は日本経済を再活性化し、日本国民の改革・企業家精神を再燃させました。

安倍氏の我々に対するもっとも素晴らしいギフトのうち、又、彼のもっとも持続なレガシー、その中でも世界がいつまでも安倍氏の恩義に感謝しなければならないものとしては、安倍氏の当世の潮流の変化そして天下多事を認識する予知力、そしてそれらに対する反応力が挙げられます。安倍氏は、多くの人よりも先に、2007年にインドの国会でその影響力のあるスピーチを通じて、当世流の政治、戦略、経済現実である、今世紀で世界に方向性を与える地域、インド太平洋地域のベースをつくりました。

そして、本人が自らリードを取り、国家主権と領土の保全を尊重すること、国際法・規定の堅持、深い経済取組をもって、平等・共通な繁栄、国際関係を平和的に行うことのような彼がいつも大切にしていた価値観に基づき、その安定・安全、そして平和的・繁栄する将来のための枠組みとアーキテクチャの構築に関わり合いました

クアッド、アセアン主導のフォーラム、インド太平洋構想、アフリカを含めたインド太平洋出の印日開発協力、災害に強いインフラのための連合などすべて安倍氏の貢献によりものでした。

クワッド、ASEAN主導のフォーラム、インド太平洋構想、アフリカを含めたインド太平洋での印日協力、災害に強いインフラのための連合など、すべて安倍氏の貢献によるものです。静かに、ファンファーレなしで、そして海外での疑い・国内での遠慮を超え、インド太平地域全体に渡り防衛・コネクティビティ・インフラ・持続性を含む日本の戦略的関わり合いを変換しました。そのため、地域全体がその宿命に対してもっと楽観的となり、世界はその未来に対してもっと自信がえられました。

今年5月に日本訪問の際、日印協会の会長となられたばかりの安倍元総理にお会いする機会がありました。いつもように元気いっぱい、艶かしい、機智に富んだ安倍氏でした。印日協力をどうやってもっと強化できるか、改革的なアイデアをお持ちでした。お別れのときこれが最後の面会になるとはまったく想像にもありませんでした。

安倍元総理の温かさ・知恵・優雅、気前、友情と指導に対していつ窓も感謝をしていきたいと思います。いつまでも懐かしく思います。

安倍氏がインド国民をご自分の心を開いて抱き寄せてくれたことと同じように、インド国民がその仲間一人として安倍氏の逝去を悼んでいます。安倍氏がもっとも好きだったこと、人々にひらめきを与えている最中に逝去されました。お命が途中で悲惨的に短くなったかもしれませんが、安倍氏のレガシーがいつまでも続きます。

インド国民を代表しまして、そして私が個人として、日本国民、特に安倍昭恵様とご家族に対し心からの哀悼の意を表します。オーム・シャンティー。