Fulfilling Pandit Deendayal Upadhyaya ji’s dream of a developed and just India

Published By : Admin | September 25, 2015 | 10:51 IST
പങ്കിടുക
 
Comments

Dear Friends,

Today we bow to Pandit Deendayal Upadhyaya ji, on his birth anniversary. This year the occasion is even more special as it marks the beginning of Deendayal ji’s centenary year.

Pandit Deendayal Upadhyaya is our inspiration. From his life we learn how an individual completely devoted himself to the wellbeing of the nation and the service of the poor. As a political organiser, his work was legendary. Without getting trapped into the lure for power he continued to work, selflessly.

Deendayal ji gave us the Mantra of ‘Integral Humanism’, which has been our guiding principle. This Mantra of ‘Integral Humanism’ stands out as a clear way of thought firmly rooted in the Indian tradition. ‘Integral Humanism also stands out for its emphasis on decentralization and attaches immense importance to the economic progress of every human being.

When I say that the Government of India is a government for the poor, it is deeply inspired by Deendayal ji’s idea of Antyodaya or serving the very last person in the society. India’s progress is dependent on how quickly we can free our nation from the clutches of poverty and provide every Indian a life of dignity, opportunity and aspiration.

For years, the poor of India figured prominently in rhetoric of politicians but when it came to delivery on the ground, there was a wide gap. Our government has been laser focused on bridging this gap. All our key initiatives, from Swachh Bharat, to ensuring that the poor have bank accounts, to creating a social security and pension framework to 24/7 electricity and housing for all are aimed at bringing a qualitative difference in the lives of the poor. The scope and scale of these initiatives is wide and unprecedented but we are confident that we will complete them and deliver the desired results.

Exactly on this day last year, the ‘Make in India’ initiative was launched. We believe that India is the ideal destination for companies from across the world to invest in. Our demographic dividend is ideally suited to drive this change and make India a hub for manufacturing, cutting edge research and innovation. With industry will come greater employment and learning opportunities for our youth, which will ignite the lamp of progress and prosperity in their lives.

A year on, I am meeting with top business leaders and investors in the United States, building on the ground we had covered last year. Wherever I am travelling, I have seen renewed enthusiasm towards investing in India. We, on our part are doing everything possible to further this spirit. We have made doing business easier, are working to make our tax structures more predictable, stable and competitive. We are simplifying procedures and removing regulations that are unnecessary. We are placing enormous focus on technology as well.

I am confident these efforts will directly benefit the poor of India and provide them the windows of opportunity they deserve.

Today, I will be addressing a UN Summit on adoption of post-2015 Development Agenda. The world is taking note of the menace of climate change and it must be highlighted that the greatest sufferers of the adverse consequences of climate change will be the poor. It is in a way a manifestation of Antyodaya that today the global community, from leaders to individuals and organisations are coming together to find ways to mitigate this adversity. I am hopeful we will draw up a clear roadmap on Climate Change Mitigation and towards Sustainable Development that will directly benefit the poor and the marginalised.

Pandit Deendayal Upadhyaya always said, ‘Charaiveti, Charaiveti.’ This was an inspiring call to keep pursuing your mission without being overcome by any obstacles, to establish a system of sacrifice and hardwork. Let us follow the path shown by Pandit Deendayal Upadhyaya and work together to fulfil his dream of a developed and just India, where the poorest of the poor is taken care of.

 

Yours,

Narendra Modi

Explore More
76-ാം സ്വാതന്ത്ര്യ ദിനത്തില്‍ പ്രധാനമന്ത്രി ചുവപ്പു കോട്ടയുടെ കൊത്തളത്തിൽ നിന്ന് നടത്തിയ പ്രസംഗത്തിന്റെ പൂർണ്ണരൂപം

ജനപ്രിയ പ്രസംഗങ്ങൾ

76-ാം സ്വാതന്ത്ര്യ ദിനത്തില്‍ പ്രധാനമന്ത്രി ചുവപ്പു കോട്ടയുടെ കൊത്തളത്തിൽ നിന്ന് നടത്തിയ പ്രസംഗത്തിന്റെ പൂർണ്ണരൂപം
Need to bolster India as mother of democracy: PM Modi

Media Coverage

Need to bolster India as mother of democracy: PM Modi
...

Nm on the go

Always be the first to hear from the PM. Get the App Now!
...
My Friend, Abe San (Japanese)
July 09, 2022
പങ്കിടുക
 
Comments

傑出した日本の指導者、比較なしのグローバル政治家、そしてインド日本友好関係の偉大なチャンピオンである安倍晋三氏がもう我々の中にはいなくなってしまいました。日本そして世界が偉いビジョナリーを失い、私は親愛なる友人を失いました。

はじめて安倍氏にお会いしたのは2007年に、私がグジュラート州首相として日本を訪問した時でした。最初の出会いから我々の友情が公職の印又公的な外交儀礼の束縛を超えとものとなりました。

お供した東寺へのご参拝、新幹線での旅、アヘメダバードでのサーバルマティ・アシュラムへの訪問、バラナシ(カシー)でのガンガ・アルティ、東京での茶道経験、思い出のリストは本当に長い。

 

 

 そして、富士山の山麓の丘に囲まれた山梨でのご実家へ唯一の首脳来客としての光栄、いつまでも大切にしていきたいと思います

日本の総理をやっていない2007年から2012年の間、そして最近は2020年以来、我々の個人的な絆はいつも通り強いまま続きました。

安倍総理との話し合いの中では全てが知的刺激のある物でした。いつも新鮮なアイデアに満ち、ガバナンス、経済、文化、外交政策その他様々な課題に関して貴重な見解をお持ちでした。

安倍氏のご助言はグジュラート州での私の経済選択肢に対してひらめきを与えました。そして安倍元総理の支持はグジュラート州でのヴァイブラント・パートナーシップの構築に大きな助けになりました。

それ以降、インドと日本の間で戦略的パートナーシップの前例のない変換を行うためご一緒にお仕事したことは光栄でありました。概ね狭い二カ国間経済関係から、全ての分野に渡る幅広い・包括的な関係の構築に対して支持し、それだけではなく印日関係は二カ国そして地域の安全保障のための中心的なものとなりました。安倍氏にとって、印日関係は我々二カ国そして世界の人々のためのもっとも重要なものでした。安倍氏は日本にとってもっとも難しいテーマであった民生用原子力協力を進めることに関して決定的でした。そして、インドでの高速鉄道プロジェクトのもっとも寛大な条件をオファーしました。インドの独立後の多くの重要な出来事に倍元総理は新生インドが成長を加速させるとき、日本が手を携えていることを保証してくれました。

安倍氏の印日関係への貢献は2021年にインドの栄誉あるパドマ・ビブション賞を授与されたことに素晴らしく認められました。

安倍氏は世界の中でおきている複雑で複数な変換に関して深い見識を持ち、政治、社会、経済そして国際関係にどのような影響を与えるかの先見の目があって、複数の選択肢の中から選ぶ知恵・伝統又は前例がある場合でも大胆な決断を行う勇気があり、そしてまれにしかない人々又世界の支持が得られていた人物でありました。安倍氏の広範なアベノミックス政策は日本経済を再活性化し、日本国民の改革・企業家精神を再燃させました。

安倍氏の我々に対するもっとも素晴らしいギフトのうち、又、彼のもっとも持続なレガシー、その中でも世界がいつまでも安倍氏の恩義に感謝しなければならないものとしては、安倍氏の当世の潮流の変化そして天下多事を認識する予知力、そしてそれらに対する反応力が挙げられます。安倍氏は、多くの人よりも先に、2007年にインドの国会でその影響力のあるスピーチを通じて、当世流の政治、戦略、経済現実である、今世紀で世界に方向性を与える地域、インド太平洋地域のベースをつくりました。

そして、本人が自らリードを取り、国家主権と領土の保全を尊重すること、国際法・規定の堅持、深い経済取組をもって、平等・共通な繁栄、国際関係を平和的に行うことのような彼がいつも大切にしていた価値観に基づき、その安定・安全、そして平和的・繁栄する将来のための枠組みとアーキテクチャの構築に関わり合いました

クアッド、アセアン主導のフォーラム、インド太平洋構想、アフリカを含めたインド太平洋出の印日開発協力、災害に強いインフラのための連合などすべて安倍氏の貢献によりものでした。

クワッド、ASEAN主導のフォーラム、インド太平洋構想、アフリカを含めたインド太平洋での印日協力、災害に強いインフラのための連合など、すべて安倍氏の貢献によるものです。静かに、ファンファーレなしで、そして海外での疑い・国内での遠慮を超え、インド太平地域全体に渡り防衛・コネクティビティ・インフラ・持続性を含む日本の戦略的関わり合いを変換しました。そのため、地域全体がその宿命に対してもっと楽観的となり、世界はその未来に対してもっと自信がえられました。

今年5月に日本訪問の際、日印協会の会長となられたばかりの安倍元総理にお会いする機会がありました。いつもように元気いっぱい、艶かしい、機智に富んだ安倍氏でした。印日協力をどうやってもっと強化できるか、改革的なアイデアをお持ちでした。お別れのときこれが最後の面会になるとはまったく想像にもありませんでした。

安倍元総理の温かさ・知恵・優雅、気前、友情と指導に対していつ窓も感謝をしていきたいと思います。いつまでも懐かしく思います。

安倍氏がインド国民をご自分の心を開いて抱き寄せてくれたことと同じように、インド国民がその仲間一人として安倍氏の逝去を悼んでいます。安倍氏がもっとも好きだったこと、人々にひらめきを与えている最中に逝去されました。お命が途中で悲惨的に短くなったかもしれませんが、安倍氏のレガシーがいつまでも続きます。

インド国民を代表しまして、そして私が個人として、日本国民、特に安倍昭恵様とご家族に対し心からの哀悼の意を表します。オーム・シャンティー。